NIPT(新型出生前診断)

● ご予約、お問い合わせはこちら
閉じる

お気軽にお問い合わせください

【診療時間】
AM/10:00~13:00 PM/14:00~19:00
一般外来休診日:土曜、日曜、祝日
● TEL 03-3798-2525
NIPT検査
専用TEL
050-5306-3032
● WEBで予約する ● お問い合わせはこちら

低リスクの出生前診断として支持が広がるNIPT(新型出生前診断)

NIPT(新型出生前診断)とは、母体の血液から胎児の染色体異常を調べる検査のことです。妊娠10週から検査することが可能で、初期段階で21トリソミー(ダウン症)を始め全染色体の異常を調べることができます。 母体血清マーカーやコンバインド検査などの従来の出生前診断に比べ精度が99.99%と高く、採血のみで母体へのリスクも少ないことから近年検査される妊婦さんが多くなっています。

NIPTと従来の出生前診断はどこが違うのでしょうか?

従来の検査よりもリスクが低い
胎児の染色体異常の検査ができる検査には確定検査と非確定検査があります。確定検査は羊水検査と絨毛検査があり、検査精度が100%となっています。 しかし、お腹に直接針を刺して細胞を取り出すため1%程度の流産のリスクがあることがデメリットとして上げられます。
検査精度が高い
また、非確定検査として従来行われていたクアトロ検査、母体血清マーカーは母体に負担をかけずに検査できることが特徴です。デメリットは検査精度が80%前後と低く、検査を行っても不確定な要素が多いところです。
それに比べ、NIPTが他の非確定検査より優れいている点は検査精度です。正しく特定された疾患を持つ胎児の割合を示す「感度」や、疾患のない胎児の割合を示す「特異度」が99%と高い精度で検査が可能です。 低リスクで高精度の検査としてここ数年注目を集めています。

NIPTの検査でわかること

NIPTの検査では21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトー症候群)などの染色体異常の疾患の可能性がわかります。
その他にもモノソミーX(ターナー症候群)などの性染色体による異常や猫鳴き症候群(5p欠失症候群)のように一部の染色体が欠けることで起こる異常まで、様々な染色体異常の有無がわかります。

元麻布ヒルズメディカルクリニックの提供するNIPT検査

完全個室対応、待ち時間なし
完全予約制、個室対応のため、待合室で長時間待たされることはありません。
個室での個別カウンセリングなので、プライバシーも守られます。
検査プランについて
当院では3つのプランをご用意しております。
※検査結果を郵送で希望される場合、送料として1,100円(税込)を頂戴いたします
全染色体+微小欠失検査(税込費用217,800円)
  • 1~22染色体
  • 性染色体及び性別判定
  • 微小欠失症候群(5種類)
全染色体検査(税込費用181,500円)
  • 1~22染色体
  • 性染色体及び性別判定
基本検査(税込費用145,200円)
  • 21,18,13番染色体
  • 性染色体及び性別判定
タイトルとURLをコピーしました